椎間板ヘルニアに関しての見解

多くの方がそうだと思いますが、腰痛や身体のしびれなどが発生し病院へ診察しにいき、椎間板ヘルニアと診断された場合は、「椎間板ヘルニアが原因で痛い」「この身体のしびれは椎間板ヘルニアが原因だ」などと、すべてをそこが原因だと考えてしまっていませんか?

当院は施術の感触や自身の今までの経験を元に痛みの原因が何かを明確にし身体の健康を目指していきます。

椎間板ヘルニアが痛みの原因とは必ずしも言えない

私はこの言葉を今まで何度か提唱してきましたがまさに言葉どおりです。
先にも述べた通り、椎間板ヘルニアがすべての痛みの原因であるということはありえないんです。
椎間板ヘルニアは「痛みやしびれは神経症状」と言われていますが、神経がヘルニアや脊柱管狭窄などで圧迫を受けても痛みやしびれが出ることはありません。

神経は圧迫という力に強い構造をしている

身体の中にある神経というのはもともと圧迫に近い構造をしているのが特徴です。
普段私たちの身体は外や中から様々な力が加わっているにもかかわらず、それにピンポイントで痛みを感じることがないはずです。
それこそ神経が圧迫という力に強く柔軟に身体の構造を支えているといっても過言ではない証拠の一つです。

MRIなどの検査機器の進歩や痛みの生理学の発達により矛盾が明らかになってきている

これらをもとに端的に言ってしまえば、今まで椎間板ヘルニアだから痛みやしびれがあるというのは根拠のない思い込みであったといえます。
痛みの生理学だけでなく、インターネットの普及により海外医学の影響もあり、椎間板ヘルニアという症状一つとっても様々な見解がされてきているのが事実です。

現代の医学では「椎間板ヘルニアが原因だ」と断定してしまうことが多い

少なからず椎間板ヘルニアという症例がすべて身体に影響がないものとは言えませんが、現代の医学や病院では診察で椎間板ヘルニアが見つかってしまった場合「それが原因だ」と言われてしまうことがほとんどです。

当然一般的に医学の知識のある方が知識の無い方にそれを説明するわけですから、痛みやしびれの原因はそれがすべて原因だと結びつけてしまいます。
では、椎間板ヘルニアの他には身体の他の部分には、何も悪いところがないのか?というとそんなことはないはずです。

椎間板ヘルニアがすべての原因と決めつけることがいけない

しかしそのような診察がすべて間違っているというわけではありませんし、少なからず痛みやしびれが椎間板ヘルニアによるものの可能性も否めません。

しかし、整体院ゆずでは痛みやしびれのすべてを椎間板ヘルニアの症状からくるものだと決めつけず、患者様からヒアリングする内容や実際に施術させていただいた時など、痛みの根本の原因を探し出していきます。
椎間板ヘルニアだからどこに行っても治らないと決めつけてしまわずに、まずは一度当院にご相談ください。きっと腰痛やしびれなどにお悩みの方の力になれるはずです。

身体に痛みや痺れがない方でも椎間板ヘルニアを発症していることがある

これは実際のMRI写真を見ていただくとよくわかるのですが、身体に痛みや痺れがまったくない方でもMRIの写真を取ると椎間板ヘルニアの症状が発生していることがあります。
これは逆をいえば椎間板ヘルニアが痛みや痺れのすべての原因ではないということがいえます。

もし椎間板ヘルニアがすべての痛みやしびれの原因であった場合なら、この健康な方も痛みや痺れに悩まされているはずです。

根本の痛みを改善できるように施術をしてまいります。

整体院ゆずでは、これらの要因をもとに仮に病院で「椎間板ヘルニア」と診断され相談をしに来られても、痛みやしびれの原因をすべてそこだと決めつけてしまわずに、ヒアリングや実際に施術で痛みの根本からの改善を目指していきます。